新トップページへ  トップページへ  カートをみる  マイページ  お気に入り  ご利用案内  スタッフブログ  お問い合せ  レビュー

ぼうさいこくたい2019@NAGOYA出展レポート!その2

【2019-10-29】

ブログ

梅花堂紙業スタッフこんにちは。
梅花堂の服部です。
今日は先日に引き続き、ぼうさいこくたいの当日の様子を紹介します。

ぼうさいこくたいについて簡単な説明

まずはもういちど「ぼうさいこくたい」について説明します。
内閣府主催の防災を学ぶイベントです。
2016年から毎年場所を変えて開催しており、今年は愛知県名古屋市で開催されました。

会場の様子

10月19日(土) は朝から霧雨が降り、夕方には本格的な雨となりました。雨の中お越し下さった方々、ありがとうございました。翌日の20日(日)は晴れ、たくさんのお客様が来て下さいました。

イベントは武田防災大臣のビデオメッセージから始まりました。
来場の予定だったそうですが、直前に起こった台風19号の対応で会場へはいらっしゃいませんでした。
被災された地域の方々には心よりお見舞いを申し上げるとともに、1日も早くもとの生活に戻れますよう、お祈り申し上げます。

会場は屋外で、様々な展示や紹介ブースのテントが立ち並び災害に特化した大型消防車両(通称ドラゴンハイパーコマンドユニット)も展示されて、その大きさに驚かされました。
ぼうさいこくたいその2_会場の様子

会場は名古屋駅からもほど近い「ささしまライブ」

ぼうさいこくたいその2_会場の様子_消防車

ドラゴンハイパーコマンドユニットの中核となる車両

お客様の様子

ぼうさいこくたいレポその2

学生さんや遠方の方に沢山お越しいただきました。
台風19号のニュースがきっかけで来場されたご家族も。

ぼうさいこくたいレポその2

代表取締役社長の佐野です。ご機嫌です。

学生の方の多くが土木・建築科に所属していて、最新の防災知識を得たいと、このイベントを見にいらっしゃったそうです。
愛知近郊の学校だけでなく、和歌山や京都からも来場されていました。
みなさん防災への意識が非常に高く、出展理由、防災グッズ開発のきっかけ、他社との違いなど積極的にご質問いただきました。
代表の佐野が喜んで「うちに入社しなよ〜」と勧誘していました。

東海地方のお客様は70代前後の伊勢湾台風の経験者の方が多い印象でしたね。
遠方からのお客様もお話を伺うと、その多くが自然災害を経験していらっしゃるとのことでした。

段ボール製の防災グッズを体験してもらおう!

段ボール製”お尻に優しい”簡易トイレ

一番人気だったのは簡易トイレ。便座がふかふかして座り心地がいい!と好評価でした。
その快適さは、すでに簡易トイレを持っている人から「便座だけ買いたい」と言われるほど。
この便座の材質はアローエコーという紙で出来たウレタンのようなものなのですが、紙素材なので燃えるゴミで廃棄可能です!
11月中旬までに販売する予定です。(便座の別売りは検討させていただきます。)
ぼうさいこくたいレポその2

トイレを組み立てる営業担当。

ぼうさいこくたいレポその2

テーブルの上の箱に収まります。

段ボール製シェルター

この段ボール製シェルターは避難所での安全とプライバシーを守ります。
ぼうさいこくたいレポその2_シェルター2

親子で入ることができます。

ぼうさいこくたいレポその2_シェルター1

昼寝してみる配送チーム課長とツライ姿勢で見守る工場長。

養生シート

段ボールと発泡シートを貼り合わせた養生シートは避難所の床に敷いて使うことを想定しています。
ぼうさいこくたいレポその2_養生シート1

発泡シートの面を靴下で歩いてもらっている様子。
「とても暖かいし痛くない」とのお声をいただきました。

ぼうさいこくたいレポその2_養生シート2

撥水性がある面を下にしてテント内の床材として使用。
一晩中雨が降り床も濡れましたが、養生シートに雨は全く染み込まず、上に乗せていたものも濡れませんでした。

簡易テーブル

軽作業用の簡易テーブルです。
ぼうさいこくたいその2_簡易テーブル
前日の雨がかってしまいましたが、翌日の使用は問題なし。
トイレが椅子のようです(笑)

他のブースの様子

防災グッズの展示、液状化現象の仕組みの模型、消防車の展示など様々ありました。
お隣のブースは消化活動のバーチャルリアリティゲーム(VR)をやっていて子供達が盛り上がっていました。イマドキですね!
日曜日はガチャピンと時東ぁみさんが来場されましたよ。
防災グッズの中で最も多かったのは「トイレ」で、トイレの個室を紙でつくったものや、 車の後ろ部分がトイレになっていて(恐らく)そのまま移動できるものもありました。
一番驚いたのは海に浮いても中が濡れない鉄製のシェルターです。
座っている床は平行を保ち、出入口は必ず上向になるから出口が迷子にならないように出来ているんですって。
不思議ですよね、どういう仕組みなのか気になります。
ぼうさいこくたいその2_ほぼ紙のトイレ
ほぼ紙でできたトイレの展示(主催団体はカワハラ技研様)
防災グッズって、既存の形に作る必要がない(作れない)ので、その不自由さがむしろ自由な発想となっている企業がたくさんありました。 仕組み、使い方に意外性があってすごく面白いんですよね。
梅花堂の段ボール製防災グッズも「これがどうやったらトイレの形になるんだろう?」ってワクワクしてもらえたら嬉しいです。
「ぼうさいこくたい2019レポートその3」に続きます。
「ぼうさいこくたい2019レポートその1」はこちら

関連ブログ

ぼうさいこくたい2019@NAGOYAに出展しました!

ぼうさいこくたい2019出展レポート3

イベント 19.11.06
ぼうさいこくたい2019@NAGOYAに出展しました!

ぼうさいこくたい2019出展レポート1

イベント 19.10.21
近日発売!簡易トイレ

近日発売!お尻に優しい段ボール製トイレ

商品紹介 19.10.15
養生シートがブルーシートより優れている5つの理由

養生シートがブルーシートより優れている5つの理由

商品紹介 19.09.18
ぼうさいこくたい2019@NAGOYAに出展します!

ぼうさいこくたい2019@NAGOYAに出展します!

イベント 19.08.06
■クレジットカード払い・掛け払いをご希望の方はこちら
全国対応、銀行振込、代引きは3%ポイント還元! キャッシュレスなら5%還元
梅花堂通販
■関東・上信越・東海・北陸・関西・岡山の方はこちら
銀行振込・代引きのみだから安い!
送料無料激安屋(このサイトです)

ページトップへ